阪神・マートンは来日1年目144試合目に214安打達成

[ 2015年10月1日 09:40 ]

パ・リーグ 西武16-5オリックス

(9月30日 京セラD)
 阪神・マートンは、来日1年目の10年にシーズン214安打のプロ野球新記録をつくった。全144試合に出場し、214本目の安打は10月7日の最終戦・横浜(現DeNA)戦の6回に放った右二塁打だった。

 イチローと同じ210安打で臨んだ同3日の広島戦では3安打を放って記録更新。試合後のインタビューではイチローについて「とても敬意を持っている。日本で210本を打った時は130試合で、今年は144試合。記録が破られたからといって、イチロー選手の素晴らしいことに変わりはない」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月1日のニュース