東範4安打1失点完投で日大タイ勝 ヤクルト真中先輩から刺激

[ 2015年10月1日 05:30 ]

東都大学野球秋季リーグ戦第5週第2日 日大4-1中大

(9月30日 神宮)
 2回戦2試合が行われた。日大が中大を4―1で下して1勝1敗のタイとした。足を絡めた攻撃でリードすると、東範幸投手(2年)が4安打完投で2勝目を挙げた。駒大は亜大を4―0で下してこちらも1勝1敗とした。日大・東範と履正社(大阪)でチームメートだった東野龍二投手(2年)が7安打完封した。

 ヤクルト・真中監督の母校、日大が意地を見せた。4回無死一、三塁で亜大・捕手の送球ミスの間に三塁走者の山崎が生還。さらに野手の緩慢な返球の間に二塁走者の京田も一気に生還。「隙を突くことは口酸っぱく言っている」と仲村恒一監督も満足の先制攻撃だった。

 先発の東範は、前半は直球を中心に組み立て、中盤以降は変化球主体の配球で4安打1失点で完投。第1試合で完封した駒大・東野は履正社時代に背番号1を奪われたライバルとあって「完封を見てからの試合だったので意識した。ライバルなので負けたくない」。

 リーグ優勝マジック1としているヤクルト・山田は履正社、真中監督は日大の先輩だけに「凄い先輩たち。自分もプロでやりたい」と東範。仲村監督も「(真中監督は)日大野球部の誇り」と、エールを送った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月1日のニュース