阪神・渡辺が今季限りで引退 6年で5度50試合登板も来季構想外

[ 2015年10月1日 05:54 ]

今季限りで引退する意思を固めた阪神・渡辺

 阪神・渡辺亮投手(33)が今季限りで現役引退することが30日、分かった。来季の戦力構想から外れており、この日までに球団幹部に引退の意思を伝えたとみられる。

 入団2年目の07年にプロ初登板を果たすと、12年までの6年間で5度も50試合以上に登板。貴重な右のセットアッパーとして、チームに貢献した。今季はここまでわずか1試合の登板に止まったが、通算362試合に登板し15勝6敗60ホールドの成績を残した。今後は未定。なお、1日から戦力外通告が解禁となる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2015年10月1日のニュース