天然芝はマツダと甲子園のみ メジャーでは将来は全球場が天然芝? 

[ 2015年10月1日 10:50 ]

 プロ野球12球団の本拠地球場で天然芝は現在、甲子園、マツダスタジアムの2球場。大リーグの本拠地30球場中、人工芝はブルージェイズのロジャーズ・センターとレイズのトロピカーナ・フィールドの2球場のみで、いずれもドーム球場。屋外球場は全て天然芝だ。

 開閉式のロジャーズ・センターは18年からの天然芝化が計画されるなど近い将来は全球場が天然芝となる可能性もある。多くの球場が仙台市と同じか、以北の緯度で平均気温も低いが寒冷地用の芝やオーバーシード(季節に応じた二毛作)などで芝の状態を保っている。

 楽天は毎年10人以上の職員が渡米してメジャーの施設を視察しており、球場改修やファンサービスなどに役立てている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月1日のニュース