秋山プロ初5安打!27度猛打賞 最終戦で2つの日本記録に挑戦

[ 2015年10月1日 05:30 ]

<オ・西>2回2死二、三塁、右中間適時三塁打を放ちガッツポーズする秋山
Photo By スポニチ

パ・リーグ 西武16-5オリックス

(9月30日 京セラD)
 西武・秋山がプロ初となる5安打の固め打ち。今季の安打数を214本とし、10年マートン(阪神)に並ぶプロ野球のシーズン最多安打記録を達成した。また、94年イチロー(オリックス)の210安打を抜くパ・リーグ新記録で、左打者および日本人打者の最多安打記録更新にもなった。

 この日で1試合3安打以上の猛打賞は今季27度目。10年西岡(ロッテ)が記録したシーズン猛打賞回数のプロ野球記録に並んだ。1日のオリックス戦で安打数と猛打賞回数のプロ野球記録更新に挑む。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月1日のニュース