退団の松中 ソフトBラストゲームは4打席4三振

[ 2015年10月1日 21:44 ]

<ソ・楽>6回1死満塁、空振り三振に倒れる松中
Photo By スポニチ

パ・リーグ ソフトバンク2―3楽天

(10月1日 ヤフオクD)
 今季限りでソフトバンクを退団し、現役続行の意向を表明した松中信彦内野手(41)が1日、ヤフオクドームで行われた楽天戦に「7番・DH」でスタメン出場。ソフトバンクの一員としてはラストゲームとなったが、4打席4三振に終わった。

 チームはこの日が今季本拠地の最終戦。大歓声が湧き起こったのは6回だった。1点差とし、なおも1死満塁で松中が打席へ。ここまで楽天・則本の前に2三振で迎えた第3打席でもカウント0―2から高めのつり球に手を出し空振り三振に倒れた。9回の第4打席でも松井裕の前に空振り三振に倒れた。

 松中はシーズン終了後に自由契約となり、移籍先を探すことになる。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月1日のニュース