岩隈 77日ぶりの復帰登板は勝敗つかず 自己ワースト4被弾

[ 2015年7月7日 14:30 ]

77日ぶりに復帰登板したマリナーズの岩隈

ア・リーグ マリナーズ5―12タイガース

(7月6日 シアトル)
 マリナーズの岩隈久志投手(34)は6日、シアトルでのタイガース戦に先発した。4月20日のアストロズ戦以来77日ぶりの登板は、メジャーで自己最多となる4本の本塁打を浴びるなどして、6回途中、8安打5失点で降板。一度は味方に逆転をしてもらったもののリードを守れず、今季初白星はならなかった。

 初回を3者凡退で終えたが、2回2死からカステラノスに左越えソロ本塁打を浴び、先制点を許すと、4回にはV・マルティネスとJ・マルティネスに連続本塁打を浴びた。5回にマリナーズはモリソンの3点本塁打で逆転したが、直後の6回に岩隈はこの日4本目のソロ本塁打を打たれ、さらに安打を許し、降板した。

 岩隈は右広背筋痛で4月24日に故障者リスト入り。3度目のリハビリ登板となった6月30日の3Aラスベガス戦で5回2/3を1失点と好投した。

 ▼岩隈の話 ソロホームランを4本打たれて、それがもったいなかった。悔いが残る。自分のボールはある程度投げられた。次につながる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月7日のニュース