森野がV犠飛!中日競り勝つ 阪神再び5割逆戻りで首位陥落

[ 2015年7月7日 21:07 ]

<神・中>7回1死満塁から先制の中犠飛を放つ中日・森野

セ・リーグ 中日3―0阪神

(7月7日 倉敷)
 最下位中日が接戦をものにして首位阪神に0―1で勝利。先発の若松が阪神打線を6回6安打無失点に抑えて今季2勝目(1敗)をマークした。

 中盤までは投手戦。両軍先発の阪神・岩田、中日・若松とも毎回のように走者を許しながらも要所を締めて得点を許さない展開が続いた。

 均衡が破れたのは7回。中日は、2安打と四球で築いた1死満塁で若松の代打・森野が、岩田のこの試合100球目を叩いて中犠飛。先制点をもぎ取った。続く8回には阪神2番手の歳内を攻め、ルナの右犠飛、藤井の適時打で2点を追加して突き放した。

 阪神は2009年以来倉敷マスカットスタジアムで6連勝中だったが、好投の岩田を援護できず、相性の良さを発揮できないまま連勝はストップ。岩田は7回1失点で4敗目(5勝)。

 巨人が勝ったため阪神は勝利数の差で2位に転落。セ・リーグは再び貯金チームがなくなり、混戦に拍車がかかった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月7日のニュース