6勝目のDeNA久保 前回1―0完封の反省生かす「四球減らした」

[ 2015年7月7日 21:28 ]

<広・D>8回1失点で6勝目を挙げた久保(右)と握手する中畑監督

セ・リーグ DeNA3―1広島

(7月7日 マツダ)
 DeNAの久保が8回1失点で黒田との投げ合いを制し、自身3連勝で6勝目を挙げた。

 「体の状態が凄く良かった。丁寧に低めに投げることだけを心がけた」

 91球を投げ、無四球の5安打1失点。持ち味の制球に加え、クイックで打者のタイミングを外す投球がさえた。

 6月30日の前回の登板は中日相手に1―0完封勝利。ただ、3与四球の内容に「(前回は)丁寧にいって四球が増えてしまった」と反省。「四球を減らすことができたことが、失点につながらなかった」と体現してみせた。

 チームは連敗を2でストップ。借金3ながら首位と1・5ゲーム差の混戦だけに、ベテラン右腕の存在は頼もしいばかりだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月7日のニュース