中畑監督 流れ変える!「調子悪い時は」無心アメリカンノック

[ 2015年7月7日 05:30 ]

アメリカンノックで小回りしようとした倉本(右)に蹴りを入れるふりをする中畑監督

 DeNAはマツダスタジアムに到着すると、中畑監督の発案で、ポール間をダッシュしながら打球を追いかけるアメリカンノックで汗を流した。外野手だけでなく、捕手や内野手も参加。「悪い流れを断ちきるための先手。オレも(現役時代に)やった。調子の悪い時は無心で球を追いかけた方が良いんだよ」と説明した。

 交流戦で3勝14敗1分けと大失速し、リーグ戦再開後も4勝7敗と波に乗れず、借金は今季ワーストの4。「苦しいけど楽しい練習」と言うように、重苦しい雰囲気を打破する狙いもあった。両翼を3往復する選手たちに「今の捕れるだろ!」と指揮官も絶叫。活気あふれる練習に、内野手の飛雄馬も「一生懸命に飛球を追いかける外野手の気持ちが分かりました。良い練習になりました」と汗をぬぐった。

 球宴まで借金返済の目標をクリアするには、残り8試合を6勝2敗。救世主出現が待ち望まれる中、15日の巨人戦(横浜)にはドラフト2位左腕・石田がプロ初先発する可能性もある。まずは広島・黒田を攻略し、上昇気流の足掛かりをつくる。 (平尾 類)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月7日のニュース