ハーパー本塁打競争欠場へ コンビ組む父親が投手できない

[ 2015年7月7日 08:22 ]

 米大リーグ、ナショナルズの主砲ハーパーは6日、オールスター戦(シンシナティ)前日の13日に行われる本塁打競争に出場しない意向を示した。AP通信が伝えた。欠場の理由についてハーパーは「肩の手術を受けた父親が投手をできないため」と説明した。

 2013年の本塁打競争では父親が投手役を務め、2位になった。ハーパーは「自分の好きなスポットを知っている父が投げられないことは大きなことだ」と話した。

 ハーパーは5日現在、25本塁打でナ・リーグ2位タイにつけ、ファン投票ではリーグ最多の約1386万票を得て選出された。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月7日のニュース