ヤクルト小川&成瀬 闘志 ダブルGキラー投入で再奪首だ

[ 2015年7月7日 05:30 ]

神宮室内で調整するヤクルト・小川

 ヤクルトは「ダブルGキラー」で再び首位奪取を狙う。先陣を切る小川は、前回対戦した5月15日(東京ドーム)に7回2失点で黒星こそ喫したものの、巨人戦は通算8試合で3勝1敗、防御率2・68。4位ながら首位・阪神とは1・5差で、上位追い上げへ「連敗しなければ付いていける」と静かに闘志を燃やした。

 安定感抜群の救援陣が控えるだけに「低めに投げて最少失点でしのぐことが大事。いい形で後ろの投手につなげたい」と粘りの投球で勝機を呼び込む。

 2戦目に先発する成瀬も、同カードは通算8試合で6勝2敗、防御率2・50。今季初の顔合わせに向け「順位が上にいるチームを叩くだけ。プロに入って最初の頃は巨人戦を特別に思っていたが、今はそういう思いはないです」と力強かった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月7日のニュース