和田、2Aで4回2被弾4失点 左肩炎症からの復帰目指す

[ 2015年7月7日 13:08 ]

 左肩三角筋の炎症で故障者リスト入りしている米大リーグ、カブスの和田毅投手は6日、傘下マイナー2Aテネシーの一員として敵地でのバーミングハム戦に先発して4回を投げ、2本塁打を含む8安打4失点、5三振で負け投手となった。

 和田は左肩に異常を訴えた6月22日のドジャース戦以来の実戦登板に臨み、61球を投げた。1回に先頭打者本塁打などで2点を失い、3回には5番打者に2点本塁打を許した。4回は三者凡退に抑えた。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年7月7日のニュース