高橋周 殊勲2二塁打「監督からバントはないからヒットを打てと」

[ 2014年9月27日 22:24 ]

<広・中>延長10回2死一、二塁、高橋周が左越えに勝ち越し適時二塁打を放つ

セ・リーグ 中日6―4広島

(9月27日 マツダ)
 中日・高橋周が決勝打を含む2イニング連続のタイムリー二塁打で勝利に貢献した。

 まずは1点を追う9回無死一、二塁から中前に同点の適時二塁打。「監督からバントはないからヒットを打てと言われたので打てて良かった。真っすぐに振り負けないよう打ちにいった」。その狙い通り151キロの直球をきっちり仕留めた。

 そして延長10回には2死一、二塁から左越えに決勝の適時二塁打。「チャンスに回ってきたので打てて良かった」と高橋周。ここ9試合スタメン出場の3年目20歳が定位置獲りにまい進する。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年9月27日のニュース