ソフトB連夜の8与四球 「オリックス戦頑張るからな」星野監督に同情されちゃ…

[ 2014年9月27日 05:30 ]

<ソ・楽>ヤフオクドーム最終戦を終え秋山監督(右)から花束を受け取る星野監督

パ・リーグ ソフトバンク3-9楽天

(9月26日 ヤフオクD)
 悪夢を繰り返すように、ソフトバンクの投手陣が崩れた。前夜は救援の五十嵐が60年ぶりとなる1イニング4つの押し出し四球を与えて逆転負け。この日は4回に試合をひっくり返され、今季ワーストタイの4連敗、楽天には6連敗を喫した。

 まずは中田が、先頭への四球をきっかけに猛攻にさらされた。1死二塁からジョーンズ、嶋の連続安打で1失点。枡田は四球で再び塁が埋まった。続く松井稼に対してフルカウントとなると、ソフトバンクファンからは中田を鼓舞する異例の拍手が巻き起こった。だが、ファウル後の7球目は期待に反してボール。この回3つ目の四球で、2点のリードが瞬く間に消えた。救援した岩崎も「押し出し四球が頭に浮かんだのは事実」と甘く入った球で3点二塁打を浴び、6回には四球で走者を出した揚げ句3ランを許した。

 2試合連続の8与四球で自滅。秋山監督は試合後、今季限りで退任する楽天・星野監督に花束を手渡した。その際、スタンドから「監督交代か?」と痛烈なヤジが飛び、敵将からも「勝負事はつらいな。(残り4試合ある)オリックス戦、頑張るからな」と同情される始末だった。

 秋山監督は「四球が(失点に)絡むのが多すぎる」と嘆き、「何となく(相手打者から)逃げているように見える。もっとたくましくならんといかんな」と語気を強めた。高勝率を誇ってきたヤフオクドームでも、2008年以来の6連敗。2位転落は免れたが、本拠地にはしらけたムードが漂った。残り、もう2試合しかない。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年9月27日のニュース