オリックス 継投誤算もM減って6に 残り7試合は全て敵地

[ 2014年9月27日 05:30 ]

<オ・西>9回1死一、二塁、ヘルマン(右)が二ゴロ併殺に倒れ試合終了

パ・リーグ オリックス6-9西武

(9月26日 京セラD)
 オリックスは投手陣が計9失点で、本拠地最終戦を白星で飾ることはできなかった。

 森脇監督は「こういう日もある」と淡々と振り返ったが、早めの継投が機能しなかった。4回2死一、二塁で救援した比嘉は、5回に浅村と中村に連続二塁打を浴びるなど2失点。連続試合無失点がリーグタイ記録の34で途切れた右腕は「記録が止まったとは思ったが、目指すのはそこじゃない。チームが勝つ投球をしたかった」と悔いた。首位奪還はならなかったが、優勝へのマジックナンバーは1つ減って6に。18年ぶりのリーグ制覇に向けて残り7試合は全てビジターでの戦い。指揮官は「挑戦者として勇敢に戦っていく」と必勝を誓った。

 ≪完敗もM減って6に≫2位のオリックスは西武に敗れたが、マジック対象のソフトバンクも楽天に敗れたため、マジックは1つ減って6になった。なお、現日程での最短Vはオリックスが10月2日、ソフトバンクはこれより早い29日となっている。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2014年9月27日のニュース