上原 今季最終登板は3者凡退斬り「すがすがしい」

[ 2014年9月27日 05:30 ]

<レッドソックス・レイズ>9回を締めた上原(右)(AP)

ア・リーグ レッドソックス11―1レイズ

(9月25日 ボストン)
 レッドソックスの上原が11―1の9回に登板。16日のパイレーツ戦以来のマウンドで、「別に課題もなく、普通に投げた」とわずか7球で3者凡退に抑えた。

 この日が今季ラスト登板。今月5日には不振から抑えを外れ、12日の戦列復帰後もセーブ機会での登板はなかった。昨季はレギュラーシーズン73試合、ポストシーズンで13試合に投げワールドシリーズ制覇に貢献。今季も64試合に登板した39歳のベテランは「この年でこれだけ投げたら十分でしょ。すがすがしい」と納得の表情だった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2014年9月27日のニュース