プロ志望届提出その日に!中大・福田将が決勝ソロ

[ 2014年9月27日 05:30 ]

<中大・駒大>6回、左越えソロを放つ中大・福田将

東都大学野球第4週第2日 中大3―1駒大

(9月26日 神宮)
 プロ志望届を提出した日に、中大・福田将が大暴れを見せた。

 1―1の6回に左翼席に決勝ソロを放つと、7回には右翼線に適時三塁打。1回戦で完封された今永を攻略し「同じ相手に2回負けるわけにはいかない。バットを短く持って上から叩く対策をした」と胸を張った。同じく志望届を提出した島袋は不振のため登板はなかったが、福田将は「優勝する時に島袋と(一緒にと)いう気持ち。それまで4年生がカバーできれば」と復活を信じていた。

 ▼駒大・今永(6試合連続完投も、3失点で今季初黒星)疲れは少しあって高めに抜けてしまった。修正しきれずに打たれた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2014年9月27日のニュース