PR:

広島“ドタバタ”痛恨1敗 守護神誤算、タッチプレーも勘違い…

<広・中>9回無死満塁、三ツ俣の三ゴロで三塁フォースアウト後のタッチプレーとなったが、捕手・石原(右)が勘違いしてタッチせず三塁走者・平田の生還を許す

セ・リーグ 広島4―6中日

(9月27日 マツダ)
 広島は9回に登板した守護神ミコライオが大乱調。守備のミスも絡んで逆転されたものの、その裏、粘りを発揮して同点に追いついたが、延長10回に勝ち越され痛い1敗を喫した。

 勝ちパターンが暗転した。先発の前田健が8回2失点。1点リードで満を持してマウンドに送った守護神が崩れた。先頭から1球もストライクが取れず2者連続四球を与え、続く高橋周の中前適時二塁打で同点とされた。ミコライオは1死も取れず降板。なおも代わった中崎が藤井を敬遠気味に歩かせ、無死満塁から三ツ俣のゴロを三塁・梵が捕球し三塁ベースに触れてから本塁に送球も、このプレーを捕手・石原が見逃してしまう。三走・平田にタッチせず勝ち越しの生還を許した。

 逆に1点を追う立場となった広島は連打で無死一、三塁とし、代打・鈴木誠の左前打で同点。だが無死一、二塁の場面で後続が倒れ、延長戦に突入した。

 そして延長10回、中崎がつかまり2死一、二塁から高橋周に左越えの適時打を許し勝ち越されると、三ツ俣にも適時打を浴びて致命的な2点を失った。

 3位・阪神が勝ったためゲーム差は0・5に接近。クライマックスシリーズ(CS)ファーストステージのホーム開催権が懸かる2位死守へ厳しい戦いが続く。

[ 2014年9月27日 22:04 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:08月18日12時〜13時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム