楽天わずか3得点 星野監督、ため息ばかり「野球を知らんわ」

[ 2014年9月27日 23:07 ]

パ・リーグ 楽天3―4西武

(9月27日 コボスタ宮城)
 楽天はわずか3得点に終わり、連勝が4で止まった。4、5、6回といずれも満塁機をつくったが、5回の岩崎の適時打による2点以外はホームが遠かった。星野監督は「あまり期待していないやつがかえして、期待しているやつがこれじゃ」と嘆いた。

 9回も無死一塁で代走の森山が盗塁を試みたが、見逃し三振を喫した嶋が捕手の送球を妨害したとして併殺を取られた。好機を自ら手放した結末に、星野監督は「野球を知らんわ」とため息ばかりだった。

 3位日本ハムがサヨナラ勝ちしたため、28日にも4位以下が確定する可能性が出てきた。9月は驚異的な巻き返しを続けてきたが、いよいよ1敗もできない状況に追い込まれた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年9月27日のニュース