呉昇桓 緊急登板もその瞬間豪雨…結局1球も投げず「ハジメテ」

[ 2014年8月30日 05:48 ]

<神・ヤ>9回無死満塁、雨天のため試合中断となりマウンドに登ることなくベンチに戻る呉昇桓

セ・リーグ 阪神10-5ヤクルト

(8月29日 甲子園)
 石仏は雨男!? 阪神の呉昇桓は5点リードの9回無死満塁でコールされるも、リリーフカーでグラウンドへ出ると同時に豪雨に見舞われて試合中断となり、その足でベンチへ下がった。

 登板して抑えていればセーブが記録される状況だったが、1球も投げなかったため登板数には数えられず。ルール上、打者としての出場は認められた。右腕は「(こんな経験は? の問いに)ハジメテ。(準備は)カンペキ」と日本語で応じ、帰途に就いた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年8月30日のニュース