マー君 右腕「張りも出てきた」復帰は早くても9月後半に

[ 2014年8月30日 08:27 ]

ブルージェイズ戦をベンチで見詰めるヤンキース・田中将

 右肘を痛めて故障者リスト(DL)入りした米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手(25)が29日、右腕の張りを訴え、約1週間は本格的な投球を回避して筋力強化中心で調整することが決まった。投球練習再開後はブルペンから実戦練習へと再び段階を踏むため、復帰は早くても9月後半になる見込みだ。

 28日に実戦的な打撃練習で登板した田中将は「投げていて、全然良くなかった。物足りないというか強化が必要と感じた。段階を踏んできたが、張りも出てきた」と淡々と説明した。30日(日本時間31日)に遠征中のチームを離れてニューヨークに戻り、ヤンキースタジアムでトレーニングに取り組む。

 今季中の復帰については「ここまで順調に来ていた中なので、もちろんそれ(復帰)は頭に入れて進めていく」と強い口調で話した。ジラルディ監督は「特定の箇所を痛めているということではない」と話し、精密検査などは予定していない。

 田中将は右肘靱帯の部分断裂のため7月9日にDL入りした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年8月30日のニュース