中畑監督、サヨナラG倒に興奮「終わり良ければすべて良し」

[ 2014年8月30日 22:58 ]

<D・巨>延長10回2死二、三塁、サヨナラ左前打を放った桑原を手荒く祝福する中畑監督

セ・リーグ DeNA5―4巨人

(8月30日 横浜)
 首位・巨人にサヨナラ勝ち。DeNA・中畑監督は開口一番「凄いね、これで巨人戦2度目だね」と桑原の殊勲打に興奮を隠し切れなかった。

 この日は初回に3点を先制し、先発・モスコーソが6回まで無失点と好投。そんな“勝ちムード”が一転、8回に一度は逆転を許した試合内容に反省点はあるものの「終わり良ければすべて良し」と指揮官。この日の劇勝で、今季の巨人戦の対戦成績は8勝7敗と再び勝ち越し。勝負強さを発揮したチームに目を細め、インタビュアーの「桑原が…」との質問には「はい!はい!おめでとうございました!」と声を張り上げ、姿を消した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年8月30日のニュース