熱投138球則本報われず 星野監督「点を取らないと」

[ 2014年8月30日 05:30 ]

<楽・ソ>力投する則本

パ・リーグ 楽天2-3ソフトバンク

(8月29日 コボスタ宮城)
 延長10回にファルケンボーグが打たれ、則本のプロ最多138球の熱投は報われなかった。9回2失点、自己最多タイの11三振を奪った則本だが「(先制された)2回は長谷川さんへのフォークボールが浮いた。(援護の)2点で勝てた試合」と自らを責めた。ただ、味方打線が12残塁、3併殺の拙攻。星野監督は「則本が切れずに9回までよく投げた。(打線が)点を取らないといかん。あんな打撃じゃ、どうしようもねえ」と嘆いた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年8月30日のニュース