内海無四死球完封は4度目 2桁奪三振は3年ぶり

[ 2014年8月30日 08:50 ]

<D・巨>完封勝利で4勝目を挙げた内海

セ・リーグ DeNA0-3巨人

(8月29日 横浜)
 内海(巨)が10奪三振の無四死球完封で4勝目。完封勝利は12年8月17日の広島戦以来2年ぶり10度目だが、無四死球完封となると

08年6月16日楽天6三振

09年9月5日ヤク9三振

10年6月18日中日9三振

 に次ぎ4度目。過去3度はいずれも10三振に届いておらず、2桁奪三振の無四死球完封はプロ入り初めてだ。また、2桁奪三振は11年8月4日の阪神戦以来3年ぶり17度目となった。なお前日28日の阪神戦では沢村が完封。チームの2試合連続完投完封は05年6月30日のヤクルト戦、7月1日の広島戦の上原、高橋尚(現DeNA)以来9年ぶり。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年8月30日のニュース