楽天 横山 史上初の初登板1球勝利投手 中前打を打たれて「恥ずかしい」

[ 2014年8月30日 22:29 ]

<楽・ソ>プロ初勝利の楽天・横山はクラッチ、クラッチーナに祝福され、笑顔を見せる

パ・リーグ 楽天9―4ソフトバンク

(8月30日 コボスタ)
 楽天が終盤に打線が奮起し逆転勝ちを収めた。

 1点を追う7回、8長短打に押し出し四球など、打者13人の猛攻で8点を奪った。3番手の新人、横山は史上初となるプロ初登板での1球勝利投手となった。

 1球でのプロ初勝利は、パ・リーグでは07年のニコースキー(ソフトバンク)以来4人目、両リーグ合わせて6人目となった。

 横山は1―1の7回2死二塁から登板。今宮に初球を中前打されたが、送球間に進塁を狙った今宮が二塁でアウト。その裏の攻撃で打線が勝ち越した。「勝ちがついたのはうれしいですけど、恥ずかしいというか、そういう気持ちです」と苦笑いだった。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2014年8月30日のニュース