川崎 粘り光る「必死でした。一番いい結果が出た」

[ 2014年8月30日 12:38 ]

ヤンキース戦の8回、代打で中前打を放つブルージェイズ・川崎
Photo By スポニチ

ア・リーグ ブルージェイズ3―6ヤンキース

(8月29日 トロント)
 得点にはつながらなかったが、ブルージェイズの川崎は粘りの打撃が光った。

 2点を追う8回2死走者なしから代打を告げられると、左腕アウトマンがマウンドへ。代打の代打はなく、そのまま打席に入った川崎は2ボール2ストライクから7球目の際どい外角のスライダーを見極めてフルカウントまで粘ると、8球目の内寄りの速球を中前へはじき返した。

 川崎は「見極められたから良かった。必死でした。一番いい結果が出た」と役割を果たした打席を振り返った。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年8月30日のニュース