DeNA サヨナラ勝ち 桑原 対巨人今季2度目のサヨナラ打

[ 2014年8月30日 21:53 ]

<D・巨>延長10回2死二、三塁、DeNA・桑原がサヨナラ左前打を放つ

セ・リーグ DeNA5―4巨人

(8月30日 横浜)
 DeNAが巨人にサヨナラ勝ち。対戦成績で再び勝ち越した。

 10回、2死二、三塁で途中出場の桑原が左前適時打を放ちサヨナラ勝ち。逆転を許した8回にはグリエルが左越え本塁打を放ち同点に。ブランコも初回に2点本塁打を放ち、外国人2人で4打点の活躍を見せた。桑原は8月5日の巨人戦でもサヨナラ打を放っており、対巨人戦シーズン2度目の殊勲打。

 巨人は中盤までモスコーソをとらえられず苦戦。7回はロペスの適時打などで1点差とし、8回に阿部の犠飛で同点、村田の二ゴロの間に逆転したが、リードを守り切れず、接戦を落とした。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年8月30日のニュース