細川 2球空振りの球狙い逆転弾「打てそうもないなら一本釣りしてやれ」

[ 2014年5月7日 21:10 ]

<ソ・日>4回2死一、三塁、3ランを放ったソフトバンク・細川はナインの出迎えに笑顔

パ・リーグ ソフトバンク5―3日本ハム

(5月7日 ヤフオクD)
 どうも打てそうもないなら、その球を狙ってやれ。ソフトバンク・細川が放った逆転3点弾は開き直っての一発だった。

 1点を追う4回2死一、三塁で打席に入った細川は日本ハム・吉川のスライダーを2球続けて空振り。「打てそうもないなら一本釣りしてやれ」と逆にスライダーを狙うと、5球目を左翼スタンドへ。「完璧。ガッツポーズが出た」という2号本塁打で試合を決めた。

 今季1号は1日のオリックス戦。この時も帆足が先発で、先制弾を放ち初勝利をアシストした。5回3失点の左腕を再び好リードして2勝目を付けた女房役は会心の笑みで球場を後にした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月7日のニュース