“代ヤク4番”畠山 2打点 バレ不在忘れる?2連勝

[ 2014年5月7日 05:30 ]

<ヤ・広>6回2死一、三塁で飯原の代打バレンティンは三塁ライナーに倒れる

セ・リーグ ヤクルト4―3広島

(5月6日 神宮)
 今季広島戦初勝利を呼び込んだのはヤクルト4番・畠山だった。右内転筋を痛めて2戦連続で先発を外れたバレンティンの代役を務めて2打点。

 「打順が2つ上がっただけ。その場、その場で集中できている」と納得の表情を浮かべた。初回に1点を先行した後の1死三塁では遊ゴロで走者を迎え入れ、4回は左翼へ4号ソロを放った。代打出場にとどまった主砲の不在を忘れさせる存在感でチームを2連勝に導き、「つなごうという思いはみんなが持っている」とチームの思いを代弁した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月7日のニュース