往年の名調子復活!みのもんた 竹原の珍プレーを仮想実況

[ 2014年5月7日 07:53 ]

みのもんた

パ・リーグ オリックス8―2ロッテ

(5月6日 京セラD)
 オリックス・竹原がプレーボール直後の初回の左翼守備で転倒し、ランニング本塁打を献上。それでも3回には左翼スタンドへ今季1号を放って汚名返上を果たした。

 この“ワンマンショー”について、人気バラエティー番組だった「プロ野球珍プレー・好プレー大賞」(フジテレビ系列)でナレーションを担当したタレントのみのもんたは「いやー、びっくりです。甲子園の高校野球なら、まだサイレンが鳴っている段階でしょ。私の経験でも珍しいです」とコメント。「まさに天下一品の珍プレー」と表現したみのに、スポニチで仮想実況をしていただきました。

 ☆プロ野球好プレー珍プレー風なノリで。

 ど~も、みのです。ご無沙汰でございます

 ピッチャーは絶好調の西!さ~て、きょう6連勝いきますよ~

 バッターは荻野貴司。どうだ、上がった!レフト!!

 あらら!こけちゃったよ

 早く起きなさいって、ホラ!!

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月7日のニュース