呉昇桓が“ノーヒッター”達成 9試合で計9回無安打

[ 2014年5月7日 05:30 ]

<中・神>最後をピシャリと締めた清水(左)と呉昇桓のバッテリー

セ・リーグ 阪神6―3中日

(5月6日 ナゴヤD)
 阪神守護神の呉昇桓(オ・スンファン)が3点を勝ち越した12回に登板し、完全救援で8セーブ目を挙げた。

 10試合連続無失点とし、4月11日巨人戦(甲子園)からは9試合で計9回無安打と“ノーヒットノーラン”を達成。「9イニングノーヒットに関しては自分にとってそんなに深い意味はないよ。それよりもきょうは投手、野手がみんなつないできた試合だったので、しっかり抑えようと思った」と笑顔で振り返った。

 ▼阪神・関本(1点を追う7回2死一、二塁から代打で右翼線へ同点二塁打)新井さん(前の打者で代打)が歩かされた形だったので、燃えていました。

 ▼阪神・俊介(1点を追う9回2死一、三塁から代打で同点の三塁内野安打)とにかく、何でも食らいつこうと思っていました。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月7日のニュース