松中 志願のウエスタン出場、3打数2三振に「特打しながら微調整」

[ 2014年5月7日 18:49 ]

 今季は代打起用が続くソフトバンク・松中が実戦感覚を維持するため、ウエスタン・リーグの広島戦(雁の巣)に志願し、3番・DHで出場した。

 1四球を選んだものの、左腕・戸田に対し、3打数無安打2三振とタイミングが合わなかった。がっくりと肩を落とした現役唯一の三冠王は「構えや重心の位置。1打席ずつ、変えたけどダメだというのが分かった。ただ、きょう、すぐに変えることはできないので、特打をしながら微調整していきたい」と日本ハム戦の行われるヤフオクドームへ向かった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月7日のニュース