中日・岩瀬 9回1点リード守れず…勝てた試合落とした

[ 2014年5月7日 05:30 ]

<中・神>9回、同点にされガックリ引き揚げる岩瀬

セ・リーグ 中日3―6阪神

(5月6日 ナゴヤD)
 勝てた試合を落とした。中日は守護神・岩瀬が9回に1点リードを守れず、延長12回には6番手の小熊が梅野に勝ち越し2ランを浴びるなど3失点。

 「こういう競った試合を取っていかないと、チームの力は付いてこない」と谷繁兼任監督は口にしたが、前日5日の巨人戦は1点差負け。結果が伴わなければ、むなしさが倍増するだけだ。2連敗で借金は今季ワーストの6。5位ヤクルトとは1ゲーム差。最下位DeNAまでは2差。この大きなダメージを払しょくするには勝利しかない。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2014年5月7日のニュース