ロッテ3位浮上 サブローが決めた オリックスは3連勝ならず

[ 2014年5月7日 21:22 ]

<オ・ロ>5回表2死一塁、ロッテ・サブローは左中間に適時二塁打を放つ

パ・リーグ ロッテ4―2オリックス

(5月7日 京セラD)
 ロッテが接戦を制し、連敗を3で止めて日本ハムに代わり3位に浮上した。

 1点を追う5回、ロッテはサブローの左中間適時二塁打で同点とすると、7回には2死三塁で再びサブローが左前適時打を放ち、均衡を破った。9回には角中の犠飛で突き放した。益田が今季3勝目を挙げた。

 オリックスは初回にT―岡田の適時打で左前適時打で先制、同点の4回にも勝ち越したが、5回以降は好機が少なく、9回は1死一、二塁としたが後が続かず、3連勝はならなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月7日のニュース