日本ハム 悔しすぎる3連敗 栗山監督「へこたれている場合じゃない」

[ 2014年5月7日 21:32 ]

<ソ・日8>4回2死一、三塁、ソフトバンク・細川に左越え本塁打を打たれた日本ハム・吉川はぼう然

パ・リーグ 日本ハム3―5ソフトバンク

(5月7日 ヤフオクD)
 何度もベンチで天を仰いだ。日本ハムは3連敗で4位転落。栗山監督は「へこたれている場合じゃない」と声を振り絞って答えたが、ソフトバンク3連戦でいずれも先制しながら、すべて黒星となったことに悔しさがにじんだ。

 2点ビハインドになった5回以降、6回から8回までいずれも得点圏に走者を置きながら決定打が出ない展開は、この3連戦で何度も見た光景。栗山監督も同じ数だけ唇をかんだ。

 リードしながら先発の吉川が細川に逆転3ランを浴び、試合はそのまま終了。スライダーで2球空振りを取っておきながら「最後の最後に甘く入った」と吉川。日本ハムにとって悔しすぎる3連敗だった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月7日のニュース