星野監督 ベンチ蹴り上げた!四死球乱発に大荒れ

[ 2014年5月7日 05:30 ]

<西・楽>8回無死、星野監督は選手交代を告げベンチに引き揚げる

パ・リーグ 楽天1―4西武

(5月6日 西武D)
 楽天は投手陣が四死球から崩れて逆転負け。8連戦を3勝5敗で終え、今季最多タイの借金4となった。

 先発の上園は5回まで無失点も、1点リードの6回2死から栗山への四球をきっかけに2失点。7回の青山、8回の長谷部も四死球が絡んで失点した。試合中はベンチを蹴り上げるなど大荒れだった星野監督は「四死球から簡単に点を取られすぎ。もったいない」と苦言。上園は「どんなにいい投球をしていても、逆転されてしまったら意味がない。自分に腹が立つ」と唇をかんだ。

 ▼楽天・藤田(3回1死二塁で右中間に適時二塁打)打ったのは直球。チャンスで打ててよかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月7日のニュース