3戦ぶり復帰バレ先制打 どん詰まりも「還すことができてよかった」

[ 2014年5月7日 19:25 ]

<ヤ・広>初回1、バレンティンがバットを折りながら先制の中前打

セ・リーグ ヤクルト6―0広島

(5月7日 神宮)
 右足内転筋の張りから3試合ぶりにスタメン復帰したヤクルト・バレンティンが第1打席から結果を残した。初回1死二、三塁。広島先発・福井の直球にバットを折られながら中前にポトリと落ちる先制の適時打となった。「どん詰まりだったが、走者を還すことができてよかった」と安ど。自身がスタメンを外れた2試合はチームが2連勝を飾っていたこともあり「いい流れを自分で切らさずにホッとした」と笑みをこぼしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月7日のニュース