青学大2年・岡野が完投勝利 開幕からの連敗4で止める

[ 2014年5月7日 05:30 ]

今季初勝利を挙げた青学大・岡野(中)はナインに出迎えられる

東都大学野球第5週第1日 青学大4―1中大

(5月6日 神宮)
 青学大は2年生右腕・岡野が2安打1失点で完投し、開幕からの連敗を4で止めた。

 9回2死から失点して初完封こそ逃したが「最後の詰めの甘さはあったが、(完投は)自信になる」と振り返った。打線は1番に座った1年生・遠藤が初回に島袋から先頭打者本塁打。大学1号に「レフトフライかなと思ったが、びっくり」と笑顔を見せた。今季初勝利を挙げた河原井正雄監督は「あれでこっちのペースになった」と目を細めた。

 ▼中大・島袋(6試合ぶりに先発。7回4失点で黒星も150キロをマーク)高めに集まった球を全部きれいに打たれた。でも前回よりはいい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月7日のニュース