石川今季初勝利で誓った「ライアン帰るまでいるメンバーで頑張る」

[ 2014年5月7日 21:52 ]

<ヤ・広>7回を投げ終えた石川はつば九郎とタッチ

セ・リーグ ヤクルト6―0広島

(5月7日 神宮)
 2年ぶりの完封勝利で今季初勝利を挙げたヤクルト・石川は「完封よりも今年は開幕してからふがいないピッチングが続いていたので、何とか1勝したいという思いがあったんですけど、(遅くなって)すいません」とお立ち台で謝罪した。

 ここまで6試合に登板し0勝3敗、防御率6・40と苦しんでいた石川。この日は緩急をつけて内外角へ投げ分ける投球が光り、広島打線に的を絞らせず。「先に点取ってもらって、中村がいいリードをしてくれました」と初回から3点先行してくれた打線と女房役に感謝した。

 右手有鉤(ゆうこう)骨骨折のエース・小川を始め故障者が続出しており台所事情が厳しいことに変わりはないが、「1つ勝ったばかりですが、何とかライアンが帰ってくるまでいるメンバーで頑張りたいと思います」と誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月7日のニュース