サブロー 勝負強く2死から適時打2本「チャンスに打ててなかったので」

[ 2014年5月7日 21:41 ]

<オ・ロ>5回表2死一塁、ロッテ・サブローは左中間に適時二塁打を放つ

パ・リーグ ロッテ4―2オリックス

(5月7日 京セラD)
 ロッテは4得点中3点までが2死になってからの得点。中でも2本の適時打を放ったサブローの勝負強さが光った。

 まずは5回、オリックス・比嘉から追い込まれながらも左中間へ同点の適時二塁打。同点の7回には併殺で2死になった直後、三塁走者を置いて馬原から左前適時打を放った。

 「今までチャンスにあまり打てていなかったので良かった」と振り返った20年目のベテラン。チームは3位に浮上したが「まだ3位争い。もっと上を目指す」と力強く宣言した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月7日のニュース