松坂が好救援、終盤のピンチで三振斬り「リリーフは大変」

[ 2014年4月24日 11:47 ]

 米大リーグ、メッツの松坂は23日(日本時間24日)、ニューヨークで行われたカージナルス戦に7回途中から登板し、1/3回を無安打無失点に抑えた。メッツは3―2で勝った。

 2点リードの7回2死二塁から2番手で登板した松坂は、エリスを外角の速球中心で追い込むと、4球目のスライダーで空振り三振に仕留めた。松坂に勝敗やセーブは付かず、防御率は2・08。

 ▼松坂の話 リリーフは大変ですね。(先発の)ニースのランナーをかえさないようにと思って投げた。先発は投げながら修正していけばいいが、リリーフは抑えなきゃいけない。必死です。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2014年4月24日のニュース