青木「よく覚えている」 元阪神右腕から中前打

[ 2014年4月24日 05:30 ]

<インディアンス・ロイヤルズ>8回、中前打を放つロイヤルズ・青木

ア・リーグ ロイヤルズ8―2インディアンス

(4月22日 クリーブランド)
 ロイヤルズの青木は2試合ぶりの安打と2四球で3度出塁し、1番の役割を果たした。

 元阪神の右腕アッチソンから8回、初球カットボールを中堅へ。「(日本での対戦を)よく覚えている。高めに来た甘い球をうまく打てた」。一方で厳しい判定もあり2三振。今季14三振で複数三振試合が早くも昨季の3に並んだが「今年はアプローチを変えている。球数を投げさせれば内野ゴロでも三振でも一緒というのはある」と気にする様子はなし。気温7度で3時間半を超える試合に「勝って良かった。早く暖かくなってほしい」と笑顔だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月24日のニュース