最高齢の元メジャー選手が死去 102歳マレーロ氏

[ 2014年4月24日 09:08 ]

 元米大リーグ選手で最高齢だったコンラッド・マレーロ氏が23日、ハバナで死去した。102歳だった。AP通信などが報じた。

 マレーロ氏は身長165センチと小柄なことで知られた右投手で、故郷キューバの球界で活躍した後、39歳になる1950年にセネタース(現ツインズ)で大リーグデビュー。5年間で通算39勝(40敗)を挙げた。51年にはオールスター戦に選出された。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月24日のニュース