DeNA 7カード連続負け越し 拙攻4併殺

[ 2014年4月24日 05:30 ]

<巨・D>4回1死、ロペスに左越え本塁打を打たれガックリの尚成

セ・リーグ DeNA1-4巨人

(4月23日 鴨池市民)
 DeNAは7カード連続の負け越しとなった。中畑監督が悔やんだのは4併殺打を喫した攻撃。

 9安打に加えて5四球を得たが、得点は3回の1点のみ。中畑監督は「厳しいよね。工夫しないと。私の責任です」と振り返った。継投策も決まらなかった。1―1の7回は救援した長田、大原がつかまり痛恨の3失点。川村投手コーチは「今の中でこれが一番妥当だった。これからも調子のいい者から使っていく」と話した。

 ▼DeNA・尚成(6回1失点の好投も今季初勝利ならず)こういう投球をすれば勝ち星がついてくる。前を向いてやるだけ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月24日のニュース