NPB機構改革最終案まとまる 熊崎コミ「期待したい」

[ 2014年4月24日 05:30 ]

 日本野球機構(NPB)は23日、組織の構造とガバナンス(統治)を協議する機構改革小委員会を開き、25日の臨時オーナー会議に提出する最終案を確認した。

 中心的に議論してきた侍ジャパン事業では別会社を設立する案を詳細に記し、12球団が共催して行う案も併記。昨年の統一球問題で第三者委員会に指摘されたNPBの体制の不備については人員増などの対応策をまとめた。熊崎勝彦コミッショナーは「25日にオーナーの考えを集約して結論が得られれば物事が前に進むので、期待したい」と話した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年4月24日のニュース