マートン10試合ぶり打点「岩崎を何とか援護できてよかった」

[ 2014年4月24日 20:41 ]

<中・神>6回2死一、二塁、マートンは中前適時打を放つ
Photo By スポニチ

セ・リーグ 阪神3―0中日

(4月24日 ナゴヤD)
 阪神のマートンが6回、中前へ適時打を放ち、チームに先制点をもたらした。

 5回まで中日先発の岡田に1安打に封じられていた阪神だが、6回に大和の二塁打とゴメスの四球で2死一、二塁の好機を築くと、マートンがフルカウントからの外角低めのシュートを中前に弾き返して均衡を破った。

 12日の巨人戦以来10試合ぶりの打点に「岩崎がいい投球をしていたので、何とか援護できてよかった」と安ど。4月の月間打点は27となった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2014年4月24日のニュース