ヤクルト、2年ぶり8連敗 山田4安打&畠山3安打も実らず

[ 2014年4月24日 21:36 ]

<ヤ・広>2回1死一、二塁、古野は田中(奥)に逆転1号3ランを打たれる

セ・リーグ ヤクルト2―9広島

(4月24日 神宮)
 広島にホームで大敗したヤクルトは、ついに12年5月の10連敗以来となる今季最多の8連敗となった。

 初回、広島先発のドラフト1位ルーキー、大瀬良から幸先良く打者3人で先制点を奪ったが、2回には先発・古野が相手の新人・田中にプロ1号となる逆転3ランを浴び、2番手・カーペンター、3番手・真田、4番手・日高と投手陣が次々と安打を浴び、広島の勢いを止めることはできなかった。

 打線も1番・山田が3号ソロを含む4安打、6番・畠山が3安打した以外は4番・バレンティンが初回に1安打しただけでチーム合計8安打とつながらなかった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年4月24日のニュース