阪神ドラ6岩崎 また中日封じ!7回無失点でプロ2勝目

[ 2014年4月24日 21:12 ]

8回、新井良の適時打で生還した鳥谷(1)を迎える阪神先発の岩崎

セ・リーグ 阪神3―0中日

(4月24日 ナゴヤD)
 阪神はドラフト6位ルーキー岩崎(国士舘大)が7回5安打無失点と好投し、5回無失点でプロ初登板で初勝利を挙げた2日の中日戦に続く2勝目を手にした。

 岩崎は2、3、5、6回と得点圏に走者を許しながらも、打たせて取る投球で無失点にしのいだ。6回には無死一、二塁のピンチを招いたが、4番平田を3球三振に斬ると、森野、和田を打ち取って0点に抑えた。8回は福原、9回は呉昇桓が無失点でリレーした。

 打線は6回、大和の二塁打とゴメスの四球で2死一、二塁の好機を築くと、マートンがフルカウントからの外角低めのシュートを中前に弾き返して均衡を破った。8回には中日2番手・又吉の代わりばなを攻めて上本の左前打で1死二塁とし、鳥谷、新井良の適時打で2点を追加した。

 中日は岡田が7回3安打1失点と好投も、打線が援護できず借金1となった。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年4月24日のニュース