大野 2死から失点でリード守れず黒星先行、詰めの甘さ反省

[ 2013年8月30日 22:29 ]

3回、村田に勝ち越し打を打たれ、下を向く中日・大野

セ・リーグ 中日2―3巨人

(8月30日 東京D)
 中日の大野は6回8安打3失点で9敗目を喫し、黒星が一つ先行した。味方が先制した直後に同点に追い付かれ、3回に勝ち越しを許した。同点打、勝ち越し打とも2死から許し、「そこで気持ちをまた入れていかないといけない」と詰めの甘さを反省した。

 今季の中日にはまだ2桁勝利を挙げている投手がいない。自身初の2桁勝利を目指す左腕は「甘さを直したい」と話した。

 ▼中日・今中投手コーチ(8勝9敗の大野に)「チームで勝つことを考えんと、2桁は勝てない」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月30日のニュース